バスタ液剤は「普通物*」です。 
*「毒物および劇物取締法」における毒物・劇物に該当しないものを指していう通称

 

人と自然環境にやさしい

バスタは使う人への安全性が高い(普通物)だけでなく、作物には直接薬液がかからなければ影響がありません。地面に落下した有効成分は、土壌微生物によりすばやく分解されるので、土にも環境にもやさしい除草剤です。

人と自然環境にやさしい

地面に落下したグルホシネート(バスタ液剤の有効成分)は、土壌中の微生物によって速やかに分解され、最終的には「炭酸ガス」「リン酸」「水」に変化します。土壌中に有効成分が残留・蓄積する心配はありません。

バスタの安全性

魚毒性:A類(原体)
種類 LC50またはEC50値(mg/ℓ)
コイ 96時間 1,000以上
オオミジンコ 48時間 560以上
藻類 72時間 80.0
ミツバチに対する毒性
試験方法 試験結果
原体346μg/1頭を投与 影響なし

 

■安全性

急性毒性

経口(原体) ラット♂LD50
ラット♀LD50
1,660mg/kg
1,510mg/kg
経皮(原体) ラット♂LD50
ラット♀LD50
4,000mg/kg以上
約4,000mg/kg
 
吸入(原体)
ラット♂LC50(4hr)
ラット♀LC50(4hr)
1,260mg/m2
2,600mg/m2

刺激性

(原体)皮膚および眼への刺激性なし。
(製剤)皮膚に対して、原液では軽度の刺激性。
眼に対して、原液では中程度の刺激性。

その他の特長も見る