何倍に希釈したらいいですか?

バスタを使用できる量は、作物ごとに決められています。ラベルをよく読んで使用してください。希釈倍率は下の表を参照してください(基本的に、多年生雑草には100~150倍、一年生雑草には200倍とお考えください)。

基本使用薬量:   多年生雑草     一年生雑草  

バスタの希釈早見表
希釈倍率 水量
1ℓ 5ℓ 10ℓ 15ℓ
バスタ
液量
100倍 10mℓ 50mℓ 100mℓ 150mℓ
150倍 7mℓ 34mℓ 67mℓ 100mℓ
200倍 5mℓ 25mℓ 50mℓ 75mℓ

  スギナ

 

[多年生雑草には 100〜150倍]

10アール(1反歩)あたり
バスタ2本(1000mℓ) + 水 100〜150ℓ

※ 500mlボトルの場合

 

[一年生雑草には 200倍]

10アール(1反歩)あたり
バスタ1本(500mℓ) + 水 100ℓ

※ 500mlボトルの場合

 

実際のバスタの液量を計算してみましょう


「散布水量」と「希釈倍率」を入力して「=」を押してください。

  • 散布したい水量と希釈したい倍率を数字で入力してください。
  • 散布水量は1000ℓ以下で入力してください。
  • 希釈倍率は100倍〜300倍で入力してください。
散布水量
(ℓ)
÷
希釈倍率
(倍)
バスタ液量
  mℓ
希釈する水で効果に違いがありますか?

通常の農薬散布に用いる水であれば、除草効果に大きな影響はありません。

雑草の生え方によって使用薬量、水量は違ってきますか?

違ってきます。雑草の生え方や量によって使用薬量と希釈水量を使い分けてください(薬量、水量の目安は裏表紙の希釈早見表をご覧ください)。水量は、雑草が少ないときは100L、多いときは150Lが目安です。草丈30cm前後で地面が見え隠れする程度のときに適当な水量だと考えてください。また、雑草が若い時期に除草するほうが、効率的かつ経済的です。

希釈した散布液はそのまま置いた後でも使えますか?

数日間置いても効果に影響はしませんが、必ず早めに散布してください。希釈後はなるべく早く散布すべきですが、やむを得ず置いておく場合には、土ボコリやゴミ、雨水が入らないようにし、また子供がイタズラしないよう、特に注意してください。