ジョウロで散布できるから、はじめてでもかんたん・安心。
さあ、バスタでしっかり除草!

 

用意するもの

Tools

バスタの使い方:ジョウロ散布の方法

STEP1
薄める

STEP1

まず、バスタを100倍200倍に水で薄めます。

バスタはほとんどの雑草に対して100〜200倍の希釈液で効果を発揮します。
基本的に、多年生雑草には100〜150倍、一年生雑草には200倍とお考えください。

100倍希釈液の作り方

100倍の希釈早見表
バスタ液量 水量
20ml 2l
40ml 4l
60ml 6l
80ml 8l
100ml 10l
バスタと水の比率 1:100

例えば、100倍のバスタ希釈液を4l作る場合は水4lにバスタ40mlを薄めます。詳しくは、上の「希釈液早見表」をご覧ください。

200倍希釈液の作り方

200倍の希釈早見表
バスタ液量 水量
10ml 2l
20ml 4l
30ml 6l
40ml 8l
50ml 10l
バスタと水の比率 1:200

例えば、200倍のバスタ希釈液を4l作る場合は水4lにバスタ20mlを薄めます。詳しくは、上の「希釈液早見表」をご覧ください。

計量カップが無い場合

バスタのボトルラベルの横にある目盛りを見ると、ボトルから出たおよその量がわかります。

STEP2
雑草にかける

STEP2

次に、100倍バスタ液をジョウロ散布。

雑草の葉・茎など、雑草全体が濡れるようにムラなくかけるのがしっかり枯らすコツ。

ジョウロでの散布

注意

枯らせたくない植物・農作物にはかからないよう十分に注意してください。

ジョウロのはす口をガムテープでマスキングすると、薬液の広がりや量を調節でき、飛散を防止できます。

STEP3
枯らす

あとは、ただ枯れるのを待つだけ!

散布後2~5日で雑草は枯れはじめ、7~10日後には完全に枯れあがります。
また、効果も長く続きます。(一般的に抑草期間は40~50日。)

100倍でしつこいスギナもこの通り!

スギナ バスタ散布前/散布7日後

いろいろなところで使えるバスタ

家まわりや、田畑のほとんどの雑草をバスタはしっかり枯らすことができます!

いろいろなところで使えるバスタ

※作物にかからないように散布してください。
※ラベルをよく読んで使用してください。