バスタをご使用になられる際の注意事項についてご説明します。

  • 使用量に合わせ薬液を調製して、使いきってください。展着剤は必要ありません。
  • 本剤は土壌に落下すると速やかに不活性化して、効果が発現しません。薬液が雑草の茎葉全体に均一にかかるように散布してください。雑草が大きくなると不経済で作業も大変です。草丈15~30㎝を目安に散布してください。
  • 散布後6時間以内の降雨は効果が減ずることがあります。天候をよく見極めてから散布してください。
  • 作物に薬液が付着すると薬害が生ずるので、散布液が付近の農作物、樹木の茎葉に飛散しないように散布してく ださい。特に、野菜類の生育期畦間散布や水田畦畔で仕様する場合は作物にかからないように、十分注意して散布してください。
  • 芝に散布する場合、生育中の芝には薬害が生ずるので使用しないでください。また、芝の休眠直後や萌芽期に近くなってからの散布では萌芽抑制など薬害を生ずることがあるので、芝が完全に休眠している時期に散布してください。
  • 使用量、使用時期、使用方法を守ってください。本剤を適用作物群に属する作物又はその新品種に使用する場合 は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してください。なお、病害虫防除所など関係機関の指導を受けることが望ましいです。
  • 公園、堤とうなどで使用する場合は、散布中および散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。
  • 水源地等に本剤が飛散・流入しないように十分に注意してください。
  • 散布器具、容器等の洗浄水は河川等に流さず、空容器は圃場などに放置せず、環境に影響を与えないように適切に処理してください。
  • 本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入らないように注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当てを受けてください。
  • 本剤は皮膚に対して刺激性があるので皮膚に付着しないように注意してください。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
  • 散布の際には防護マスク、不浸透性防除衣などを着用してください。散布液を吸い込んだり、浴びないように注意し、作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがい、洗顔してください。
ページTOPへ